スケートのジャンプの種類

ジャンプの種類について

ジャンプらしいのがフリップの特徴です

簡単そうに見えて難しいのがスケートのジャンプです。 特に、このルッツはスケートの中でも多くの選手が飛ぶ確率が高いジャンプの一つでもあります。 ルッツジャンプの大きな特徴はとにかく助走が長いジャンプであり、大抵後ろ向きになったら飛ぶ事が多いジャンプになります。

ルッツジャンプについて

スケート試合を見ていても、今一ジャンプの種類がいくつあるのかなんて気にした事がない人が多いと思います。
その為、見ていてもジャンプみたいなのがいくつかあるだけで本当にジャンプらしいと言えるのがこのフリップジャンプと言えると思います。
選手が飛ぶ際に大きく手を広げたりする為、ジャンプしたんだなと分かるでしょう。

それに、見ていてもとても安心して見ていられるジャンプなのではないかと思います。
そもそもフリップジャンプとはどのようなジャンプなのでしょうか?
フリップジャンプは足の角度が前の記事でも紹介した、ルッツジャンプと同じように見える事もあり、一見みると同じに見えてしまうようです。
しかし、足の角度に少し差があるようで、回転数を上げたいのであれば足をインサイドにきちんと揃える必要があるのです。

フリップジャンプの場合には足が体と平行になっており真っ直ぐになっています。
その為、インサイドのエッジを使って助走して飛ぶようになるのです。
今度スケートの試合を見る時に足の角度に注意をして見ると良いかもしれません。

踏み切る足はフリップジャンプの場合には、左足から右足と決まっています。
なのでいかにして滑走の足を活かして飛ぶ事が重要視されるのです。
滑走の力がしっかりしていないとフリップジャンプの回転が上手くいかない為、得点が減点対象になる場合もあるのです。
それに、難易度は少し高めになっているので、ルッツと間違われてしまい大きな得点に繋がらないケースもあります。

トリプルアクセルについて

難易度が高めで一番難しいのがトリプルアクセルだと言われています。 その為、3回転が飛べると言うだけで凄いスケート選手なのです。 トリプルアクセルはスケート選手であれば飛べる事は当たり前なのですが、何がそんなに難しいのでしょうか? このトリプルアクセルは前向きですが降りる時には後ろ向きなのです。

ループジャンプについて

ジャンプをした時にまるで輪っかを描くように飛ぶので、ループジャンプと名前が付いたそうです。 数あるジャンプの中では比較的に簡単に飛ぶ事が出来るジャンプになっています。 ですが、得点的には高い点数が付く場合があるみたいです。 世界で初めてこのループジャンプを成功させたのは外国の選手でした。

TOPへもどる