スケートのジャンプの種類

ジャンプの種類について

>

ループジャンプについて

アクセルジャンプが難しいのは何故?

アクセルジャンプは飛ぶ回数によって獲得出来る得点が変わります。
しかも、アクセルジャンプは最も難しいとされているので、回転数が多いほどジャンプの高さもそうですが、飛ぶ前の美しさや着地のバランスや美しさも求められてしまうのです。
スケートを見ている多くの人はこのアクセルジャンプがスケートのジャンプの代表格と考えている事が多い為、失敗してしまうと落ち込むスケート選手が多いようです。

ですが、何故飛ぶのは難しいのでしょうか?
それは、飛ぶ回数が多ければ多いほど、通常よりも高く飛ばないと回転数を得る事が出来ずに回転不足として減点の対象となってしまうからです。
なので、アクセルジャンプは回転数が多ければそれだけミスを犯す可能性は高いと言う事になります。

アクセルジャンプの詳しい説明について

ここではアクセルジャンプの詳しい説明について書きたいと思います。
アクセルジャンプを、もし3回転半飛ぶ場合について見て見たいと思います。
その場合だと、まずジャンプの体勢は前向きに飛ぶのですが、着地する時には後ろ向きで氷に立つようになっています。

なので、半回転となると氷に立つまでに回転をきちんと飛ばないといけないので、前の記事でも紹介したように、高さがないと難しいのです。
ですが、アクセルジャンプは難易度が最も高いジャンプであり、飛べたとしても必ずしも成功するとは言えないですし、転んでしまう可能性も高いです。
得点は勿論一番高い点数が獲得出来る為、多くのスケート選手は演技の中でも一度は入れているジャンプになります。


この記事をシェアする
TOPへもどる